世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Gathering ブルーボトルコーヒーのルーツは日本の喫茶店文化!「サードウェーブ」の思想に流れる魅力 2015.10.23

ブルーボトルコーヒーのルーツは日本の喫茶店文化!「サードウェーブ」の思想に流れる魅力

2015年2月、コーヒー界のAppleと呼ばれているブルーボトルコーヒーが清澄白河にオープン。TVや雑誌を中心に話題となったのは記憶に新しいところです。
ブルーボトルの日本上陸を機に、「サードウェーブ」という言葉を耳にすることも多くなりました。

ブルーボトルコーヒーは、「コーヒーの味を純粋に楽しみたい」という人をターゲットにしています。日本で主流となっているシアトル系コーヒーショップのように、慌ただしく淹れたコーヒーを流れ作業のように提供するのではなく、サードウェーブ系のコーヒーショップは注文を受けてから、1杯1杯、丁寧にドリップして淹れています。

海外から日本にやってきたサードウェーブという波ですが、実は日本で当たり前のように根付いている喫茶店文化に大きく影響を受けています。

サードウェーブの前にあったコーヒー界の第一の波、第二の波って?

サードウェーブ、「第3の波」というようにコーヒー界には、これまで「第1の波」と「第2の波」がありました。

「第1の波」は、19世紀後半、1960年代に発生し、流通網が発達・整備されたことでコーヒー豆が世界の至る所で安価に入手できるようになり、コーヒーショップが多くできました。これによりコーヒーは日常的に楽しむ飲み物へと変化していきます。

「第2の波」はスターバックスに代表される「シアトル系」と呼ばれるコーヒーチェーン店の登場です。「第1の波」によってコーヒーが飲まれるようになり、さらに親しみやすくオシャレでカジュアルな飲み物になったのが「第2の波」です。深煎りで高級な豆を使いながら、ラテやアレンジ系のコーヒーを街中で楽しむという流れが定着します。

そして、「第3の波」。これまでの「第1の波」「第2の波」でコーヒーは大量生産・大量消費される飲み物でしたが、ブルーボトルコーヒーを筆頭にサードウェーブと呼ばれるコーヒーショップは、品質のいい豆を選び、丁寧に焙煎し、ハンドドリップで1杯ずつ淹れるというスタイルが生まれました。

「あれ?サードウェーブというけど、日本の喫茶店と同じなのでは?」と感じるかもしれません。そう、いま世界中でブームとなっているサードウェーブの思想は、日本の喫茶店に大きく影響を受けています!

日本の喫茶店文化に強く影響を受けたサードウェーブ思想

注文が入ってから、目の前でドリップしてコーヒーを淹れるというブルーボトルコーヒーのスタイルは、古くからある日本の喫茶店のスタイルと同じです。

「サードウェーブ」という言葉を聞くと、海外から日本にやってきたように感じますが、ブルーボトルコーヒーの創設者であるジェームス・フリーマン氏も「ブルーボトルコーヒーのマインドは日本の喫茶店に根ざしている」と認めています。

事実、ジェームス・フリーマン氏は東京にお気に入りの喫茶店がいくつかあると公言しているほど、日本の喫茶店文化を愛しています。

注文後、丁寧にハンドドリップで淹れ、コーヒーを提供するブルーボトルコーヒーのやり方は、まさに日本の「おもてなし」と言えます。1人のお客さんのために時間をかけて、おいしいコーヒーを提供したいというブルーボトルコーヒーのモデルは、日本の喫茶店ではごく普通の光景なのです。

サードウェーブ、それはつまり「おもてなし」の心

ブルーボトルコーヒーは、「おいしさ(Deliciousness)持続可能性(Sustainability)おもてなし(Hospitality)」の3つの言葉を理念としています。

この3つの言葉は、日本の喫茶店では当たり前の思想と言えます。それこそ、あなたの街の商店街にある小さな喫茶店にも根付いているものでしょう。

海外において、大量生産、大量消費されてきたコーヒーという飲み物は、日本では喫茶店の店主が真剣に1杯と向き合い淹れていくことで洗練されていき、独自の進化を遂げました。それがサードウェーブを創る大きなきっかけとなったことは非常に興味深いことです。

そんな日本の喫茶店も、サードウェーブコーヒーの影響で再度注目を集めるかもしれません。店主のこだわりに溢れた至高のコーヒーを楽しみたいのであれば、自分の住む街にある喫茶店に足を運んでみるのもおすすめです。

日本のおもてなし文化は、コーヒーの世界にも影響を与えました。次に世界へ進出する「おもてなし」は何なのか、喫茶店で1杯のコーヒーを飲みながら考えてみてはいかがでしょうか。

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!
SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する