世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Good Aging それは、すべて手仕事。木を味わう家具店へ 2015.10.23

それは、すべて手仕事。木を味わう家具店へ

中町周辺に、ご紹介したい家具屋さんがあります。その名も、「GECKO」。
「ヤモリ」という意味を持つ店名の由来を店主の杉原弘二さんにお聞きしたところ、世界各国でも縁起のいい生き物とされ、日本では「ヤモリ=家守」ということで、末長く家具のお世話をするお店にしたいという想いをこめてつけられたそう。

木から丸ごと繰り出されたかのような家具は、手仕事がなせる技!

そんな同店は、目黒の家具通りのようなジャンクな雰囲気でもなく、横田基地の米軍払い下げショップともまた違う、日本の職人さんが鉋を持ってずらりと並んでいるような(実際の工房は横浜&京都だそうですが)、そんな雰囲気のお店です。

店内に入ると、優しい灯りの中でこっくりとした飴色の光を放つ木製家具がずらりとお出迎えしてくれます。すべすべと滑らかな家具たちは、すべて職人さんの手仕事によるもの。機械化が進む業界において、杉原さんが人間の手にこだわるのにはわけがありました。

「機械でもある程度まではできるんですが、そこから先の仕上がりは鉋やのみによる手作業が差をつけるんです。私自身、京都の家具屋の息子として産まれたので、物心つく前から作ることが好きなんですよ」

そう言われて椅子を見てみれば、木と木の継ぎ目に段差が一切なく、まるで1本の木からそのままくり出されたかのよう。そんなGECKOのお客さんはとてもリピーターが多い。

末永いお付き合いができる、メンテナンス力

「お店にある家具は、寸法を変えたり棚を増やしたりと様々にオーダーしてもらうことができるんですが、その場合もあまり値段が変わらないんです。これも手作業ゆえの利点で、たとえテーブルの長さを変えたとしても作業工程がほとんど変わらないので、価格もほぼ据え置き、というかたちでできるんです」

また、購入から時間が経ってしまった家具が壊れたとしても、パーツ代だけで修理を引き受けてくれるんだとか! 確かな仕事ぶりの家具とサービス。落ち着いたエリアならではのお店で、二代、三代と長いお付き合いができそうなのが嬉しいです。

DATA

GECKO(ゲッコー)

東京都世田谷区駒沢5-8-3
03-5752-2288
OPEN 11:00-19:00/CLOSE Wednesday

http://www.gecko.ne.jp/

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!
SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する