世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Morning Shift ヨガインストラクターが教える。目覚めの悪い冬に心とカラダを整える朝ヨガの魅力 2015.12.18

ヨガインストラクターが教える。目覚めの悪い冬に心とカラダを整える朝ヨガの魅力

寒さで目が覚めて、なかなかスッキリしない。あたたかい布団から出られず遅刻ギリギリに起きてしまう。寒い冬の朝に、誰しもが経験する光景ではないでしょうか。

目覚めの悪い季節に、「いつもと同じ朝のリズムを取り戻したい」と考えている人にこそ、習慣化して欲しいのが朝ヨガです。

寝起きのカラダも、朝ヨガを行うと目を覚まして活動的になります。
それだけでなく、心にもいい影響を与えるので、ストレスの多いビジネスパーソンにこそオススメです。

今回は、ヨガインストラクターを務める風見ひかりさんに、朝ヨガの効能について伺いました。

内臓に負担がかからない朝こそ、ヨガに最適な時間

朝ヨガには、数え切れないほど多くのメリットがあります。
ヨガは基本的に、いつ行なっても効果はありますが、「一番オススメの時間帯は朝」と、風見さんは言います。

「ヨガは深い鼻呼吸に合わせてゆっくりとカラダを動かしていきます。そうすることで自律神経を整え、心身の緊張を解く作用があります。つまり、リラックスできるというわけです。そんなヨガは、1日の始まりに最適です」

朝ヨガは、カーテンを開けて太陽の光を浴びるながら行うと、より高い効果が現れます。
朝日が刺激となり、「幸せホルモン」とも呼ばれる物質「セロトニン」が脳内で活性化されます。
結果、気分も明るくなり、スッキリとした状態で1日をスタートすることができるわけです。

さらに、ヨガは自分と向き合うものなので、いまの自分を観察することで、「今日の心とカラダの状態」を把握できます。

「昨日の嫌なことが、まだ頭に残ってモヤモヤしている」、「残業が長めだったから、ちょっと肩がこっている」というように、コンディションを確認することで、「今日は少し仕事をセーブしてみよう」と自分をいたわることもできます。また、「今日は調子がいいから、仕事を一気に片付けちゃおう!」と意気込むこともあります。
このように客観的に自分を観察することで、思考や感情を整理し、心もカラダもバランスのいい状態で1日を迎えられます。

ビジネスパーソンもハマる朝ヨガの魅力

風見さんは、朝の時間帯にヨガスタジオでレギュラークラスを担当したり、直接、会社を訪問して朝ヨガを行ったりしていますが、特にビジネスパーソンから好評を博しているそうです。

「朝ヨガは気持ちよくてハマってしまう」、「朝ヨガをした日は、頭がスッキリして仕事の効率が全然違う」といった声があがるほど。

風見さんも会社員時代に朝ヨガをするようになってから、心とカラダにプラスの変化を感じました。
「私も以前は朝がすごく苦手でしたが、思い切ってお布団から飛び出して、ヨガで体を動かしてみると、普段とは全く異なる1日が過ごせました。まだ私が企業勤めをしていたころに朝ヨガをはじめましたが、いろんなことが上手くまわるようになりました」

人によって、朝ヨガで得られる変化は様々ですが、朝ヨガによって、「頭がスッキリして思考がクリアになる」ということはもちろん、「肩こりや腰痛が改善される」「自分の感情がコントロールできるようになる」「集中力が増す」などの心とカラダの両方に変化を感じている人が多くいます。

「ヨガは、多忙な日常の中に非日常を与えてくれ、一歩立ち止まってフラットな状態の自分と向き合えることができるツールです。心身ともによい調和が取れ、様々な『気づき』を得られます。その気づきによって、自分をよりよい方向へと導くことができるのが、ヨガの最大の効力だと私は思います」

朝ヨガには、多くのメリットがあるとは理解していながらも、ヨガスタジオに行くのは敷居が高くて気が引けるという場合でも、ベッドの上で簡単なヨガのポーズや腹式呼吸を数分行うだけでも、1日の始まりは大きく変わります。

朝ヨガは、3日坊主で終わらせるのではなく、習慣化させることが重要です。あまり肩に力を入れず、自分の体調やリズムにあわせて、少しずつ行っていくことが大切です。

朝ヨガに限らず、ヨガはどの時間帯においても、できれば空腹時に行うのがオススメです。
食後、だいたい2時間は空けるようにします。なぜかというと、ヨガのアーサナ(坐法・体位)は、体をねじるという動きも多いので、満腹のときに行うと内臓にも負担がかかり、体調が悪くなってしまうこともあるからです。
ただし、ヨガに慣れていないうちは、あまりにも空腹だと集中できなかったりもします。その時はスープや果物などを軽く食べてから行うようにするといいでしょう。

カラダのコンディションを整えるヨガで体調を崩さないよう、自分のペースでヨガと向き合いましょう。

朝ヨガで、この冬は心とカラダを寒さから守る

なかなか布団から出られなくなる季節になってきました。
1日のスタートからダラダラとしてしまうと、仕事や家事などの効率はあがりません。

また、寒くなると、気持ちも落ち込んでしまう人が多いように、冬は人間の精神状態に少なからず影響を与えます。

そんな時こそ、朝ヨガを毎日の習慣に取り入れて、心もカラダも整えてみましょう。

最初は、ベッドの上で簡単なヨガを実践してみて、より興味が出てきたら、ヨガスタジオやインストラクターに指導してもらいながら、より深くヨガのことを学び、楽しんでみるのもいいかもしれません。

心もカラダも充実した日々を過ごすために、明日は少し早起きをして朝ヨガに挑戦してはいかがでしょうか。

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!
SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する