世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Next Generation 真の地産地消。何気ない、小さなパン屋タルマーリーが変えた岡山の過疎地域 2015.12.18

真の地産地消。何気ない、小さなパン屋タルマーリーが変えた岡山の過疎地域

現在、日本の地方は過疎化の一途をたどっており、近い将来には半数近くの市町村が消滅するのではないかという危機に瀕しています。「過疎地域に活気を取り戻すには、どうすればいいのか?」それぞれの自治体が様々な施策を講じていることでしょう。

そんな現代の、地域創生において、タルマーリーという自家製天然酵母と国産の小麦でパンを作っている小さな町のパン屋が注目されています。

タルマーリーがあるのは、鳥取県八頭郡智頭町。人口約7000人の小さな町です。この地に店を構えた渡邉 格(いたる)さん・麻里子さんご夫婦は、地域の天然菌、天然水、そして自然栽培原料でパンとビールを製造・販売して、連日、多くの人でにぎわっています。

タルマーリーの人気の秘密を知ることで、過疎地域の問題を解決する糸口が掴めるのかもしれません。

「タルマーリーにしかつくれないパンとビール」を求め、智頭町へ

2008年、渡邊さん夫婦は千葉県いすみ市にパン屋タルマーリーを開業します。
もともとお二人は、有機農産物の卸売り会社で知り合い結婚。そして、地産地消、自家製天然酵母と国産小麦で作る、人にも地域にも優しいパン屋をオープンしました。

タルマーリーのパンは、イースト菌や市販の天然酵母は使わず自家製の酵母で作るこだわりよう。自然栽培の米と麹菌を使うことで作られた酒種は、甘酒のような香りが特徴的です。

また、菌以外の材料も、ライ麦粉や自然塩などの一部を除いて、国産の小麦や全粒粉を使用。タルマーリーのパンが人気なのは、味と素材本来の良さ。そして、こだわって作られているからこそかもしれません。

天然酵母にこだわったパンを作っているタルマーリーでしたが、かの東日本大震災を機に、千葉から岡山県真庭市勝山に移転。

その後、渡邊さんの「地ビールの製造までやってみたい」という夢を叶えるためと、自家製粉をするためのロール製粉機や石窯や薪ストーブを導入できる広い物件を求め、たどりついたのが智頭町でした。
自然豊かな智頭町は、観光と移住者の受け入れに力をいれており、渡邊さん夫婦も智頭町役場からの打診もあったことから、2015年に鳥取県八頭郡智頭町に移転を決意。

新たに智頭町でスタートしたタルマーリーが入居したのは、なんと廃園になった保育園。地域住民の人たちとともに手作りでリノベーションを施した店舗で、イートインカフェも併設しており、今後は宿泊業を営むことを計画していると言います。

“究極のパン”で地域内循環を構築する

タルマーリーのモットーは、地産地消を大切にしたパン作り。

パンの製造に使っている材料の中でも、副材料として使っている野菜などは近くで採れたものを使用。タルマーリーオリジナルの「ゆずビール」に関しても、近所で自然栽培している柚とオーガニックシュガーを使用しています。また、材料だけでなく、石窯のエネルギーとして智頭の里山の薪を使うなど、その徹底ぶりには驚きを隠せません。

しかし、まだまだ100%、地域の素材でのパン作り、ビール作りは実現できておらず、まだまだ課題があるといいます。これからは地域で農作物などを栽培している農家や林業を営んでいる住民と協力することで、地域内で循環する仕組みの構築に注力すると語ります。

地域内循環を完成させた先にあるのは、“究極のパン”。渡邊さんの著書『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)の中でも、「地域内循環」については言及されています。

過疎地域の課題解決のために、お金を使って観光業などで外の人を誘致したとしても、地域の中で循環した経済の仕組みを作らないと自立することは難しくなります。

タルマーリーが100%地産地消でパンや地ビールを作ることができるようになれば、地域内で生まれた原材料でパンを作り、販売する。結果、地域にお金が落ちていくと循環を作るのが、タルマーリーの集大成ともいえる“究極のパン”なのです。

過疎地で本当に必要なもの

過疎地と呼ばれる場所でも、タルマーリーの渡邊さん夫婦のような地元の特産などを活かした商いをする人たちが増えれば、地方の過疎化の波を抑え、発展させることができるのかもしれません。

その地域の特産や特色を活かしながら、地産地消で「地域内循環」を生みだす仕組みをつくるのは一朝一夕でできることではありません。ただ、小さな町のパン屋タルマーリーはその集大成とも言える形を目指し、日々、地域住民と奮闘しています。

“究極のパン”を食べに鳥取県八頭郡智頭町まで足を運んでみてはいかがでしょうか。渡邊さん夫婦、そして智頭町の人々が目指す“究極“に触れることで、気付くこと、学ぶことは多いでしょう。

DATA

天然酵母のパン屋タルマーリー

鳥取県八頭郡智頭町大字大背214-1
Tel/Fax 0858-71-0106
営業時間:イートインカフェ 10時~17時
定休日:火・水・木曜日

http://talmary.com/

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!
SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する