世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Report 「畑から食卓まで。」地産地消を追求するアーバンファーム

「畑から食卓まで。」地産地消を追求するアーバンファーム
The Side Yard Farm & Kitchen

地産地消が理想と分かっていても、都会のくらしにおいてそれを実現するのはなかなか難しいもの。そんなくらしを実現しやすいのも、ポートランドの魅力のひとつでしょう。

その訳は産地が近いことが挙げられます。「都市成長境界線」によって、都市開発の範囲が定められているため、郊外に農地や自然が守られているのです。

近くに農家がいれば、近隣から新鮮野菜を仕入れたくなるのは当たり前の感覚なのかもしれません。なぜ地元産を選ぶの?という質問に対して、ポートランダーは決まって「Why not?」の回答。

そんな地産地消のポートランドを体感できる場所が、ダウンタウンから車で15分ほどの場所にありました。「The Side Yard Farm & Kitchen」。都市成長境界線内にあるアーバンファームです。

「Farm to Table」の理想を体現した場所

The Side Yard Farm & Kitchen

そこには、「本当にポートランド市内?」と感じるほどの、緑あふれる光景が広がっています。綺麗に開墾された畑に、ハウス、そして、調理場としての機能も持つ朱い小屋。コンセプトは「Farm to Table(畑から食卓まで)」。ここは畑であり、時にレストランであり、時に地域の人が集まるイベントの場でもあるんです。

夏には月1回、ブランチ&ディナーを振る舞うレストランに様変わり。ローカルベンダーと連携したフードイベントを開催したり、「bike & movie」という自転車で集合して屋外で映画を楽しむ上映会を行ったり…。

今回も、特別に設えられたハウス内レストランで、採れたて野菜のコース料理を振る舞っていただきました。葉っぱから果実、茎から種に至るまで、野菜のすべてを利用するという料理は、まさに大地からの恵み。野菜の力強い味わいが、口いっぱいに広がりました。

ローカルグッドを追求して

The Side Yard Farm & Kitchen

オーナーのステイシー(34歳)は、元シェフ。かつて働いていたレストランが屋上菜園をしていたことから、自分でも野菜を育てたくなったんだとか。2009年に農業を始めてからというもの、今では3つのファームを回すまでに至り、15のお店やレストランに直接野菜を卸しています。

近い将来、常設の小さなレストランを持つことが夢と話す彼女。実際にそんな話も持ちかけられているそうですが、そのこだわりはあくまでも自分の目の届く範囲まで。直接、お客さんと関われる距離感が何よりものモチベーションだといい、店舗を拡大してビジネスをしたいわけではないと話します。

「自分がやっていることは仕事ではなく、パッションの追求なの。持続可能でローカルグッドなことを、これからも続けていければいいわ」

そうステイシーが話すように、ポートランドで幾度となく感じた“Small is beautiful”の概念。規模の拡大を求めるのではなく、小さくても楽しいと思うことを追求する人が増えれば、街はもっと楽しくなるのかもしれません。

The Side Yard Farm & Kitchen

ポートランドの街づくりを参考にした
ブランズシティ世田谷中町・グランクレール世田谷中町での暮らし

ポートランドで学んだ「都市の中でも緑あふれる生活」という点を世田谷中町の街づくりでは下記のように活かします。

ハーヴェストガーデン

実際に土に触れ、野菜や花を育てる楽しさを共有できる菜園や果樹園を実現。
アイデアを持ち寄ってみんなで何をつくるか相談しながら作り上げます。

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!

特派員レポートについて

※掲載の写真は2016年1月に撮影したものです。※掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、多少異なる場合、または変更となる場合がございます。また、併設するグランクレール世田谷中町も表現しております。雨樋、給気口、スリーブ等、一部再現されていない設備機器がございます。外壁タイルを再現するために、実際のタイル目地とは異なる大きさで表現しています。タイルの大きさ等は「ブランズシティ世田谷中町」ゲストサロンにてご確認ください。完成予想CG で表現されている植栽は計画段階のものであり、変更になる場合がございます。また葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から育成期間を経た状態のものを描いております。完成予想CG では、建設地周辺の建物や、電柱、その他の部分について白線にて表現している部分がございます。予めご了承ください。

SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する