世田谷Nakamachi WEB MAGAZINE

Urban & Nature 鳥に教わるエコマインド。バードウォッチングで東京の自然を感じてみませんか 2016.02.26

鳥に教わるエコマインド。バードウォッチングで東京の自然を感じてみませんか

近年、登山ブームが老若男女問わず盛況です。
豊かな自然・野鳥・植物など、ちょっとした非日常を見に毎年多くの登山客が山を訪れます。
特に、東京都心から最もアクセスのよい高尾山は、外国からの観光客も手伝って大賑わいです。
都内から片道2時間程度で行ける山としては確かに魅力的ですが、アクセスや天候などを気にせず、もっと気軽に野鳥や自然を楽しむことができる場所が東京に数多く存在していることをご存知でしょうか。

商業施設だけではなく、緑や動物を楽しめるスポットが少なくありません。
今回は、その中でも特に緑地と河川に恵まれた、世田谷区の「野鳥」とそれにまつわる「環境」について紐といてみてみましょう。

人間の「住環境」と野鳥にとっての「住み心地」

まず、野鳥が生息するために欠かせない条件が2つあります。
それは綺麗な水辺があることと、緑が豊富であること。
勿論、ただ存在しているだけで汚染されているとなれば意味がありません。
世田谷区は区内の土地の4%が緑地であり、また河川も一級河川である多摩川をはじめ12の河川があります。用水路も随所にみられ、そのほとんどが緑道とセットになっており、自然に恵まれているだけではなく、住環境との調和が整備されている地域です。

先述した多摩川は、奥秩父にある笠取山(かさとりやま)を水源としており、水辺の鳥だけではなく、同時に山に生息する鳥も観察することができます。この地域で確認できる鳥の種類は250種以上とバラエティに富んでいます。
これは都市部へ流れこんでいる山の水源が、ある一定の水質を保っているからこそ実現する現象といえます。

豊かな水源と緑に生息するバラエティ豊かな野鳥たちは、自然と人間へ心地よさと良い環境についての行動を促しているようです。

都内ならではの恩恵を受けながら“バードウォッチング”へ

通常、バードウォッチングというと山に入ってから探索をします。
それゆえに野鳥を見ることだけではなく、危険な動植物から身を守るためのことも考え、それなりの備えが必要になります。
服装に気を使うことは勿論のこと、応急処置の薬や急な天候変更に備えた雨具やカンパンなどの非常食・懐中電灯なども必要となり、靴も滑りにくいしっかりとしたものでなければなりません。さらにカメラや双眼鏡も持つとなると、どうしても身軽とは縁遠いものに感じてしまいがちです。

その点、都内での自然観察・バードウォッチングといえば、長袖(季節によっては半そでと羽織りもので問題ありません)・長ズボン・運動靴。
いざ喉が渇いたり何かがあったりしても、どこでも買える、もしくは駆け込める環境も至る所にあるのは言うまでもありません。こうした都市部の特権を活用することで、身軽にバードウォッチングを楽しめるのです。

観察スポットといえば、例えば砧公園のバードサンクチュアリ。
緑の豊富な広大な園内の少し高台になっているところに、野鳥を観察するための観察台があります。こちらにある木製の小窓をのぞくようにして水辺にいる約10種類の鳥をウォッチできる人気スポットです。

また、野川緑道・仙川では、幸せを呼ぶ青い鳥「カワセミ」も観察することができます。近くには用水路や橋も多く、バードウォッチングとあわせて緑道散歩にも最適です。
先述した多摩川では、山の水源をひいていることから、水辺の鳥以外の野鳥を観察することができます。100羽ほどに集まった白サギの群れや、自然の中で生き抜く渡り鳥、「シギ」など多くの山鳥とその習慣も確認することができます。

自然との共存は人の意識と行動を変えている

これだけ自然豊かな世田谷区はその豊かな環境保全に関する条例が非常に細かく、また年々厳しく制定されています。
「水とみどり関する条例」というものが別途設けられており、生き物との共存・人間の豊かな暮らしのためにも一定数の水辺や緑が不可欠とし、世田谷区は将来的に30%を超える緑化と水資源の再生目標を掲げています。
新しい鳥や緑に関する市民の積極的な調査や団体も歓迎しており、街全体が環境・生物に対して真剣に向き合って活動していることがうかがえます。
これに伴い、野鳥を守ることを趣旨としたボランティア団体や、地域の学校・一般のボランティア団体による年代を超えた清掃行事がたびたび行われています。
清掃後の綺麗な河川や環境の中で、参加メンバーたちはバードウォッチングや釣り・川遊びなどを楽しみ、交友と地域に対する思いを深めているようです。

住環境と自然がバランスするなアーバンライフ。
あなたも身近な自然に目を向けてみませんか?

分譲マンションとシニア住宅の複合開発となる
東急不動産の新しい街づくり

ブランズシティ世田谷中町|分譲マンション
グランクレール世田谷中町|シニア住宅
ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!ご応募いただいた方にもれなくしあわせなまちの条件とは?ブランドブックプレゼント!
SHARE ON
  • facebookでシェアする
  • twitterでつぶやく
  • google+で+1する